千里中央の賃貸豆知識~1Kやワンルームの意味~

千里中央の賃貸物件の中には、過ごしやすい快適な賃貸マンションやアパートがありますが、初めて部屋を借りる場合、気になるのが1Kや1LDKなどの意味です。

ネットで調べるか誰かに聞けば、意味は教えてもらえますが、それでも一人暮らしに適しているかどうかというのはわかりにくいものです。

ここでは、そんな一人暮らしに適した間取りについてご説明します。

基本はワンルーム

ワンルームマンションなどでおなじみのワンルームです。

これは、名前のとおり部屋が一室のみのマンションのことです。

玄関に入ってトイレの部屋を素通りすれば、あとは大きな居間とバルコニーのみです。

キッチンも今に置いているので食事の匂いなどが部屋に充満しやすいです。

非常に安い家賃がメリットですが、キッチンの油汚れが居間に付着しないように徹底した掃除が大切になります。

1K

Kとはキッチンのことです。

1ルームプラスキッチンのことであり、安い賃貸マンションはたいていこれです。

千里中央付近にはこういった安アパートやマンションが見つかりやすいです。

キッチンが別なので居間に匂いが移ったり油汚れが広がるリスクが少ないのがメリットです。

また、リーズナブルな価格もメリットの一つです。

1DK

1ルームプラスキッチンプラスダイニング(食事をする部屋)の部屋が1DKです。

ゆとりのある生活をしたい一人ぐらしの人向けのお部屋です。

ダイニングキッチンは物置としても活用できるので、大きな荷物を保管する場所として使うのも有効です。

おすすめは1K

一人暮らしで費用を抑えたいのであれば1Kお部屋がおすすめです。

荷物を置くスペースが少ないですが、それ以外は生活するのに困りません。

何より、掃除をするスペースが非常に少ないので短時間で家のお掃除が終わるというのが大きなメリットです。